2012年05月13日

ふるさと歴史の道

石引道探訪ウォーク



城東地区公民館連絡協議会の創立50周年の記念の年、12日、小雨と肌寒い日ではありましたが、各公民館(9公民館)からの参加者100名と特別参加の石川県ウォーキング協会の30名を超える約140名の元気で学習意欲の高い人たちが参加し、戸室山山麓清水町から約12kmの石引道の歴史に触れながら探訪し金沢城に入城いたしました。
 この石引道は、金沢城築城から石垣の戸室石を切り出し運搬した歴史のある道であり、随所に歴史に触れることができる場所や古道が残っており、小雨の中でしたが、当時5間道もあった面影と運搬に苦労した人々の歴史に触れながら、今も、沢山の戸室石が沢山散在しています権現下石切丁場で、石の刻印や割り跡などしっかりと目に焼き付け、石の集積場でもあった中山町への古道や難所長坂、野坂等を探訪し、下馬広見で、当時の石引を再現しています勇壮な御山まつり保存会によります『大石引き』の実演に、驚嘆の拍手を送り金沢城内で解散式を行いました。
先人の苦労を肌に感じた有意義な一日でした。^^




上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ふるさと歴史の道
    コメント(0)